干しあんずの美味しい食べ方色々

皆さんは干しあんずを食べたことがありますか?
もしかしたら、お茶菓子や製菓用に購入して余らせてしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ほんのり酸っぱくて甘い干しあんずはそのままやお菓子に使うのはもちろん、様々な食べ方で楽しめます。

ぜひ、色々な食べ方を試してみてくださいね!
あんずティー

まず最初のアレンジは、紅茶に干しあんずをいれるだけ!
これだけで、いつもと一風変わった香り豊かな紅茶の出来上がりです!
茶葉の種類はお好みのものでOKですが、特におすすめなのはダージリン。
ダージリンはもともとフルーツとの相性が良く、干しあんずの香りをより一層楽しめます。 香りと味はゆっくりと引き出されるので、ティーポットを使ってゆっくり蒸らしてみてくださいね。 リンゴや柑橘系のドライフルーツと組み合わせるのも香りが増すのでおすすめです。

あんずヨーグルト

プレーンのヨーグルトに干しあんずを入れて一晩漬けておくだけ!
ヨーグルトの水分が干しあんずに吸収されることで、干しあんずはプルプルの食感に、ヨーグルトは水切りヨーグルトのようなしっかりとした食感に変わります。
朝食や小腹が空いた時のおやつに最適です。



あんずバター

ドライフルーツ系のバターといえばレーズンバターが有名ですが、干しあんずを使ったあんずバターも絶品です!
無塩バター100gに卵1個分の卵白とブランデー大さじ1、干しあんず50gを混ぜ込みます。
そのまま食べれば大人のおつまみにぴったり!
ブランデーのアルコールを飛ばして砂糖を加えれば、子供でも食べられるパンのお供の完成です。

 

どうでしたか?
干しあんずの食べ方はまだまだ沢山あります。

ぜひ、様々な方法で生活の中に取り入れてみてくださいね!