Apricot seed oil -杏仁オイルとは-

杏仁オイルの配合成分とその美肌効果

杏仁オイルとは

バラ科のアンズの硬い種の中にある白い核から取れるオイルを杏仁オイル(あんにんおいる)と呼びます。

イボの除去効果があるとして注目されている杏仁オイルの配合成分と、その効果について分かりやすく紹介。肌の悩みが改善されるメカニズムについても、詳しく説明しています。

アンズとは

アンズは落葉高木でだいたい2.5~3mの大きさになります。もともとの自生地は中国などヒマラヤ山脈が原産といわれています。アンズは多くの種類があり、日本では平和(へいわ)・信州大実(しんしゅうおうみ)・ハーコット・山形3号などがあります。5~7月が収穫時期です。アンズの実は生食・ドライフルーツ・杏ジャム・杏酒として親しまれています。

アンズの木

杏仁の特徴

杏仁(キョウニン)

杏仁の読み方は主に漢方に使用する場合はキョウニンと呼び、それ以外では"あんにん"と呼ぶことが多いです。 杏仁(アンニン)には大別して甜杏仁(てんあんにん/てんきょうにん)と苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)の2種類があります。食用として適しているのが 甜杏仁(てんあんにん/てんきょう にん)。苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)は食べるとその名の通り、とても苦く食用には向きませんが 薬や漢方として使用されているのは苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)になります。また苦味が強いほど成分が良く品質が高い証として高値で取引されます。 また硬い殻から(硬い殻は種子の外殻と思われがちですが、植物学上は内果皮と呼ばれる果皮の一部)取り出すとアーモンドのように茶色の皮があります。 これをそのまま絞っても杏仁オイルになりますが、よりグレードの高い杏仁オイルは、種を水に漬けたりする工程を20回ほど繰り返し、 この皮を丁寧に取り除き中の白い核(仁)だけを取り出し絞ることで杏仁オイルにします。(アンミオイル使用杏仁オイルもこのグレードを使用)

日本での杏仁

日本での杏仁(あんにん)といえば杏仁豆腐が有名ですが、その杏仁豆腐に使われているのはアーモンドエッセンスを代用することが多いのをご存じですか。 杏仁粉(あんにんこな/きょうにんこな)・杏仁霜(あんにんそう/きょうにんそう)・アーモンドエッセンスが使われます。 杏仁をすり潰して粉にしたものが杏仁粉で、それにコーンスターチや砂糖・香料などを加えたものが杏仁霜になります。杏仁だけですと高価になりますので中華料理店では杏仁霜を使い、 なかなか手に入らない一般家庭や店頭の杏仁豆腐にはアーモンドエッセンスで代用することが多いです。

杏仁豆腐には杏仁油をあまり使用しない

杏仁と漢方

杏仁は漢方として喉と気管支の為に用いられています。杏仁にはB17(アミグダリン)という成分が良い働きをすることで有名です。 杏仁オイルは美肌効果が非常に高く、世界三大美人の楊貴妃が全身に塗っていたともいわれています。

杏仁オイルとは

バラ科のアンズの硬い種の中にある白い核から取れるオイルを杏仁オイル(あんにんおいる)と呼びます。

アンズとは

アンズは落葉高木でだいたい2.5~3mの大きさになります。もともとの自生地は中国などヒマラヤ山脈が原産といわれています。 アンズは多くの種類があり、日本では平和(へいわ)・信州大実(しんしゅうおうみ)・ハーコット・山形3号などがあります。5~7月が収穫時期です。 アンズの実は生食・ドライフルーツ・杏ジャム・杏酒として親しまれています。

杏仁の特徴

杏仁(キョウニン)

杏仁の読み方は主に漢方に使用する場合はキョウニンと呼び、それ以外では"あんにん"と呼ぶことが多いです。 杏仁(アンニン)には大別して甜杏仁(てんあんにん/てんきょうにん)と苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)の2種類があります。 食用として適しているのが甜杏仁(てんあんにん/てんきょうにん)。苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)は食べるとその名の通り、 とても苦く食用には向きませんが薬や漢方として使用されているのは苦杏仁(くあんにん/くきょうにん)になります。また苦味が強いほど成分が良く品質が高い証として高値で取引されます。 また硬い殻から(硬い殻は種子の外殻と思われがちですが、植物学上は内果皮と呼ばれる果皮の一部)取り出すとアーモンドのように茶色の皮があります。 これをそのまま絞っても杏仁オイルになりますが、よりグレードの高い杏仁オイルは、種を水に漬けたりする工程を20回ほど繰り返し、 この皮を丁寧に取り除き中の白い核(仁)だけを取り出し絞ることで杏仁オイルにします。(アンミオイル使用杏仁オイルもこのグレードを使用)

日本での杏仁

日本での杏仁(あんにん)といえば杏仁豆腐が有名ですが、その杏仁豆腐に使われているのはアーモンドエッセンスを代用することが多いのをご存じですか。 杏仁粉(あんにんこな/きょうにんこな)・杏仁霜(あんにんそう/きょうにんそう)・アーモンドエッセンスが使われます。 杏仁をすり潰して粉にしたものが杏仁粉で、それにコーンスターチや砂糖・香料などを加えたものが杏仁霜になります。 杏仁だけですと高価になりますので中華料理店では杏仁霜を使い、なかなか手に入らない一般家庭や店頭の杏仁豆腐にはアーモンドエッセンスで代用することが多い。

杏仁と漢方

杏仁は漢方として喉と気管支の為に用いられています。杏仁にはB17(アミグダリン)という成分が良い働きをすることで有名です。 杏仁オイルは美肌効果が非常に高く、世界三大美人の楊貴妃が全身に塗っていたともいわれています。

Lineup - おすすめ商品一覧 -

アンミオイル 画像

アンミオイル

「年齢肌のトラブル解決」

16年間変わらぬレシピ
実感するオイル

アンミ黒糖生せっけんすっぴんの素 画像

アンミ
黒糖生せっけん
「すっぴんの素」

「食べられる成分100%」

黒糖と杏仁オイル配合。毛穴の黒ずみ・角質ケア、クレンジングもできる生せっけん

アンミマイルドスキンローションプレミアム 画像

アンミ
マイルドスキンローション
プレミアム

「乱れた角質を整える化粧水」

自己回復力を促す天然発酵液と濃密天然成分をたっぷり配合

つやつやハトムギ茶 画像

つやつやハトムギ茶

「国産100%発芽
ハトムギ茶」

国内生産8%しかない貴重な国産ハトムギを100%使用

アプリシャルシードプラス 画像

アプリシャル
シードプラス

「気管支の強化食」

呼吸器の炎症を抑え、喉や気管支・肺の粘膜を潤す

アプリシャル
サンシルキー

「メラニンをなかった事に」

「杏仁オイル」や「シルクピュア」等、美容成分たっぷり配合の肌に優しい日焼け止め

アプリシャルモイスチャーローション 画像

アプリシャル
モイスチャーローション

「霧状の濃密潤い化粧水」

植物エキス・美容成分配合
スプレータイプの化粧水